(価格は全て税込みです。2020年7月01日改定)

1)抗体検査 (診察料3000円、検査費5,000円)

①簡易迅速キット:10分前後で結果が判明します。

  • クラボウ社製から下記のキットに変更すします。

定型の結果報告書は無料で発行します。

②ECLIA法(ロシュ・ダイアグノスティックス社製):外注検査のため、3~5日間かかります。これは、上記の簡易検査と異なり、「IgMとIgGの混合体」を測定しています。

2)抗原検査: 15~30分程度で結果が判明します。

無症状の場合は診察料3000円、検査費6,000円

3)リアルタイムPCR検査(海外渡航用限定です)

費用:診察料3000円、検査費用30,000円、英文健康証明書及び英文PCR結果報告書5,500円(税込み)

英文証明書が必要な方はパスポートをお持ちください。

また、レジデンストラック対応7か国のうち、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア、台湾入国希望の方は、日本及び現地の住所を英語表記した書面をお持ちください。

検体は鼻咽頭粘液による採取です。祝日の場合、後ろにずれ込みます。

検査の日時   証明書手渡し予定可能日時   
月曜日午前診   火曜日の午後6時 
月曜日夜診及び火曜日午前診   木曜日の午前10時 
火曜日夜診及び水曜日午前診   木曜日の午後6時 
木曜日午前診   金曜日の午後6時 
木曜日夜診及び金曜日午前診   月曜日の午前10時
金曜日夜診 月曜日の午後6時 
土曜日午前診 火曜日の午後6時 

抗原検査と違い、結果報告に時間がかかります。

4)TMA

費用:診察料3000円、検査費用30,000円

福岡県の保健環境研究所などが導入していますが、PCR法と同じ核酸増幅法の一つです。PCR法と同様の感度があり、保険適用があります。京都の検査機関で検査をするので、結果報告が早いです。海外渡航用の目的ではなく、PCR検査に拘らないのなら、TMA法を勧めます。現在は翌日1400頃に結果報告があります。

検体は鼻咽頭粘液にだけでなく、鼻腔粘液でも検査可能なので痛くないです。

検査の日時    結果FAX予定日時刻  
月曜日~2000     火曜日の1300~1800
火曜日~2000     水曜日の1300~1800
水曜日午前診   木曜日の1300~1800
木曜日~2000 金曜日の1300~1800
金曜日~2000 土曜日の1300~1800
土曜日午前診   月曜日の1300~1800

☆質問がある場合、事務サイドではお答えできないので、メールでお問い合わせください。

当院は日本渡航医学会協力医療機関及び大阪出入国在留管理局の協力医療機関です。