大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

サノレックスの処方を再開します。

日本で認可されている肥満治療薬がマジンドール(サノレックス)は、化学構造上「アンフェタミンの誘導体」に属します。アンフェタミンには身体依存の副作用があります。アンフェタミンとは「覚せい剤」の一般名です。このため、厚生労働省がサノレックスの処方に強い制限をかけています。
健康保険上、保険扱いができるのはBMI35以上の肥満患者のみになります。内服できるのは最長3か月までとされており、添付文書上には記載されていないものの、健康保険上は、1回(つまり3ヶ月)しか処方できません。

BMI35以下の方はサノレックスを希望されても、自費扱いになります。当院では、痩せすぎを防ぐため、BMI25以上の方を対象とします。

また、服用できない方は以下です。
妊娠中・授乳中の方、統合失調症の既往がある方、重症の心疾患・膵障害・腎障害・肝障害のある方、重症高血圧の方、緑内障の方、薬物やアルコール乱用歴のある方、抑うつ状態の方、MAO阻害剤投与中の方。

副作用を考えると、定期的な血液検査(肝機能や腎機能)が必要になる場合があります。