対象国によっては、入国48~72時間以内のPCR検査を要求しているにもかかわらず、火曜日の便しかない場合。ほとんどの検査機関が日曜日休みのため、困ったという相談を受けました。

例えば、現在、チュニジアに入国に際して

出発地における,出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提出が必要になっています。

チュニジア便は 羽田空港 火曜日2250発 カルタゴ空港 水曜日950着です。

つまり、土曜日の2250以降PCR検査が必要です。しかし、大阪府内で、日曜日にPCR検査をできる検査機関はありません。月曜日の午前にPCR検査をしても、結果報告が火曜日の夕方になり、それからの羽田空港までの移動は困難です。

この場合、日曜日の午前にPCR検査を行い、大阪中央郵便局から「ゆうパック」で別の検査機関配送を依頼するしかないんですね。この場合、何とか、月曜日の夜に結果報告がでます。火曜日の午前中に英文証明書をなんとか手渡せます。

ただ、この方法の問題点は、私や従業員(少なくとも、看護師や事務員2名)の休日を潰すことになります。日程調整や休日出勤の費用を考えると、月曜日の午前に都内の医療機関でPCR検査をする方がずっと、安上がりですね。

東京都内の医療機関によっては、即日、結果報告が可能なところもあります。