1)金額について

  1. 新型コロナウィルス感染を医師が疑い、PCR検査を行った場合は、行政検査になるので自己負担額はありません。健康保険を使用しますが、自己負担部分が公費扱いになるからです。
  2. 無症状で検査をする場合は全額自己負担になり、健康扱いはできません。

例えば、読売巨人軍の選手やJリーグの選手が検査を行ったり、海外渡航の際に相手国がPCR陰性証明書を要求する場合が後者に当てはまります。

現在の価格(7月05日現在)は30,000円ですが、検査数が増えると、当院の契約検査費用も下がります。現在の検査数を考えると、金額はこれからもっと下がり、HPに記載された価格より安くなっている可能性もあります。

2)予約について

当院はトラベルクリニックを開設しているものの、一般診療を行っています。そのため、診察予約枠は少なめに設定しています。そのため、希望日時にPCR検査の予約が取れなくても、待って頂けばPCR検査を行います。

ここ1か月、受入国のPCR検査条件の突然の変更が相次いでおり、予約キャンセルや変更が相次いでいます。5人程度の検査であれば、急な対応も可能なので、検査予定の2週間程度前にご予約ください。10人以上の場合は、他の予約を調節しなければいけないので、前もってご連絡してください。

3)入国実績について

当院では、インドネシアに8人、マレーシア5名、カンボジア1人、トルコ1人、ネパール1人、中国2名、台湾2名(2020年7月3日現在)しか実績がありません。

他のクリニック方の情報では、インドネシア入管とバリ島への移動でトラブルが多いようです。正しい英文健康証明書にもかかわらず、入管手続きの担当官によっては隔離されたケースもあり、これらの利用者から、「金を返せ!」と強いクレームがありました。さすがに、こういう事態まで責任はとれません。入国実績に拘る個人や会社だと、後でクレームされることを想定し、「実績を気になさるなら、他のクリニックへどうぞ!」と回答し、事実上、断っています。

☆質問がある場合、事務サイドではお答えできないので、メールでお問い合わせください。

☆当院からの自動配信メールが届かない場合は、メールアドレスの誤記入をしているか、迷惑フォルダーにメールが分類されているのだと思います。その場合、info?ohue.jpの「?」を「@」に変更してメールを送って下さい。

当院は日本渡航医学会協力医療機関及び大阪出入国在留管理局の協力医療機関、在日本タイ大使館の紹介先医療機関です。