以前は、日本ではPCR検査ができない地域が多かったので、カンボジア入国の条件はPCR検査ではなくても通用していたのですが、6月からPCR検査を行えるトラベルクリニックが増えてきたので、6月24日付で条件が厳しくなっています。

以下、在カンボジア日本大使館のHPよりの抜粋です。

・観光ビザ,e-visa,アライバルビザ(到着時に空港で入手できるビザ)の発行が停止される。

・カンボジアへの渡航を希望する者は,海外のカンボジア大使館・総領事館等で,事前にビザを取得しなくてはならない。

・カンボジア入国の72時間前以内に保健当局から発行され,かつPCR検査に基づいて作成された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する英語の健康診断書を提示しなくてはならない。

・カンボジアでの滞在期間をカバーし,治療費の保険金額が5万米ドル以上の保険証書を提示しなくてはならない。

・入国時に健康診断やスクリーニングの対象となる。さらに,カンボジア保健省の指示による強制隔離,検疫,又はウイルスの予防と封じ込めのためのその他の措置の対象となる。

・今般の渡航制限措置は一時的なものであり、世界的な新型コロナウイルの感染拡大状況を踏まえ,定期的に見直しが行われる。