1)在日タイ大使館

COVID-19PCR検査陰性証明書については、オリジナルの英文健康証明書でなく、PDFファイルからプリントアウトしたものでも、受理する。

2)在日カンボジア大使館

オリジナルの英文健康証明書を提示する必要がある。

3)在日インドネシア大使館

PDFファイルからプリントアウトした英文健康証明書の提示を認める。

4)台北駐日経済文化代表処領事部

PCR検査の陰性報告書には指定がない。

5)在日オーストリア大使館

オリジナルの英文健康証明書が望ましいが、PDFファイルからプリントアウトした書面も許容する。オーストリアでは鼻咽頭粘液と咽頭粘液からのPCR検査しか行っていない。しかし、PCR検査を行っていれば、検体の種別は問わない。