大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

ビタミンB1

強度の労作や、消耗性疾患の罹患により要求量がかなり上昇する。
脂質の摂取により、要求量が少し減少する。体内での貯蔵量は非常に少ない。
吸収効率が高くないため、胃腸が弱っているときには吸収しきれないこともあり、
この時は高吸収率のビタミンB1誘導体を摂取する必要がある