海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)を利用することにより、デジタル証明書発行機能(PDF形式で検査証明書を作成・発行・ダウンロードする機能)が可能になっています。ただ、受け入れ不可の国の場合、登録できないシステムになっています。

現時点では、デジタル証明書発行のためには、1)TeCOTにアクセスし、アプリをダウンロードし、2)オンライン予約を行った方のみを対象としております。予約画面でパスポートナンバーなどの個人情報をご自身で記入しないといけないので、記載ミスにご注意ください。

(電話予約や各医療機関独自の予約システムによる予約は当面、対象外です)

利用希望者数の目途がわからないので、9時~10時に2名、10時~11時に2名枠を設定しています。現在、デジタル証明書にはTeCOTからの予約が必須ですので、予約枠がない場合、個別でご相談ください。枠を追加設定します。

また、唾液検体を受け入れている国が少ないため鼻咽頭粘液採取しか設定していないので、唾液採取希望の場合もご連絡ください。

注1)中国、ベトナム、ハワイ州は対応していません。中国はIgM抗体検査が必要であり、ベトナムは現地と日本の住所を記載する必要がありますが、デジタル証明書には記載欄がありません。ハワイ州は特別な用紙が必要です。

注2)デジタル証明書のみが必要な場合、紙書面を引き取りに来院する必要はありません。ほとんどは、翌日の8時頃には結果が判明しています。

注3)総費用は30,000円(税込み)