1)抗原検査:簡易抗原検査と抗原定量検査(CLELIA法)があります。発症2~9日後の場合は簡易抗原検査で感度が30~80%ぐらいですが、無症状の方には使用できません。無症状の方は、抗原定量検査での確認が必要ですが、当院では行っていません。

2)リアルタイムPCR検査:外注検査となります。そのため、採取日時によっては、結果報告は1~2日後になります。唾液検査はPCR検査だけです。

3)ID NOW™ :PCR法とは異なる、NEAR法による等温核酸増幅法によるものです。陽性なら5分、陰性なら13分で判明します。米国FDAに承認されていますが、日本では、10月20日、厚生労働省が承認しています。感度や特異度はPCR検査とほぼ同等なので、今年の冬は活躍しそうです。

注)残念ながら、納期が12月に延期されました。

当院では、新型コロナウィルスに関する検査は、ケースバイケースで上記の3種類を使い分けると思います。