2021年1月13日、英国政府は、1月18日(月)午前4時以降にイングランドに到着するすべての乗客に対し、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の陰性証明書の提示を義務づけ、右証明書の提示ができない場合はイングランドへの搭乗便(航空機、船舶、電車)に搭乗できない場合があるほか、イングランド到着時に提示できない場合には500ポンドの罰金を科す可能性があると発表しました。


詳細はここにて確認してください。


受検者自身で検査機関を見つけ、そこで受ける検査は次の基準を満たしている必要がある。これら基準を満たすか否かは、受検者自身の責任において検査機関に確認すること。

  1. 100,000copies/mlを超えるウイルス量(viral loads)において、特異度97%、感度80%であること。
  2. 検査方法には、PCR検査を含む核酸検査、LAMP法を含むその派生技術、あるいは、ラテラルフローデバイスでの検査等の抗原検査が含まれる。

つまり、リアルタイムRT-PCR法でなくても構わなくなりました。

1)当院の所有するID NOW™は核酸増幅法という方法で約15分で結果が判明します。この検査において陰性証明書を希望する方はお申し出ください。

注意点として、1人約15分検査に時間がかかるので、2人だと30分以上(15分+15分)かかるので、その点はご考慮ください。また、鼻咽頭粘液でしか検査はできません。

総費用:20,000円

検査受付日時      受取可能日時 
月曜日午前月曜日1730~ 
月曜日午後火曜日900~
火曜日午前 火曜日1730~
火曜日午後水曜日900~
水曜日午前木曜日900~
木曜日午前木曜日1730~
木曜日午後金曜日900~
金曜日午前金曜日1730~
金曜日午後土曜日900~
土曜日午前月曜日900~

2)リアルタイムPCR検査希望の方

詳細はここで確認してください。

総費用:30,000円


(注意事項)

来院時、パスポートを必ずお持ちください。お持ちになっていない場合は、検査を受付けていません。

1)についてですが、検査結果判明直後に英文証明書を希望される方は、事前にパスポートをお持ちの上、ご来院ください。その時点で、カルテを作成し、英文証明書のドラフトを作成します。