コレラの発生状況

全世界におけるコレラの主な発生地はハイチ、東南アジア、インド、バングラディッシュやアフリカなどであり、発生患者の大部分を占めています。

感染原因と症状

【感染】
コレラ毒素を産生するコレラ菌によって発症します。コレラは水や食品を介する経口感染による伝染性疾患です。

飲料水を介しての感染は、大規模感染として世界中で見られます。人体は、毒素(コレラ菌、病原性大腸菌、ふぐ、キノコ、蛇など)を分解できません。

体内に入れないようにすることが、重要です。【症状】
潜伏期間は5日以内。普通は2~3日で、早ければ数時間。症状が非常に軽く、1日数回の下痢で、数日で回復する場合もあります。通常、突然お腹がゴロゴロ鳴り、水のような下痢が1日20~30回起こります。腹痛・発熱はなく、むしろ低体温となり、34度台にも下がる。急速に脱水症状が進みます。

予防方法

不衛生な食材や調理環境下での摂食では、感染の危険性が高い。流行地域ではアイスクリームや生もの(サラダや果物、十分加熱しない魚介類など)、生水や氷(凍った生水です)は避け、また体調維持に努めましょう。インドでは、水道管の破損により上水道に下水が混入することがよくあるようです。不衛生な上水道、河川水で洗われた食器にも注意が必要です。

コレラに感染する可能性のある国へ旅行する方は、コレラワクチンの接種をお勧めいたします。


【輸入 コレラワクチン Dukoral Oral】経口タイプ

DUKORALは経口の不活化ワクチンで、病原性大腸菌による下痢症状とコレラ菌による下痢症状の予防に効果的です。

2回経口接種することにより病原性大腸菌の下痢症状には約3ケ月、コレラ菌の下痢症状には約2年程の予防効果が期待できます。2回接種してから1週間程で効果が出ます。

コレラワクチン内服の前後1時間は絶飲食とし、薬の服用も控えてください(このワクチンは酸に不安定です)。飲食により、胃酸の分泌が増えます。

接種間隔:1-6週間後に2回目
接種対象年齢:2~6歳は3回、6歳以上は2回

最後の経口接種を現地到着の1週間前までに終わらせる。

6歳以上
基礎接種後の抗体持続期間の目安:約2年
追加接種:2年以内は1回接種
追加接種:2年以上は最初からやり直し

2歳以上6歳未満
基礎接種後の抗体持続期間の目安:約6カ月
追加接種:6カ月以内は1回摂取
追加接種:6カ月以上は最初からやり直し