大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

発毛・育毛

平成30年6月1日施行される改正医療法施行規則等及び医療広告のガイドラインに準じて、未承認薬の説明や金額などはホームページにおいて記載できなくなりました。

1)ザガーロ(0.5㎎)  
有効成分はデュタステリド。5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬。
元々は2001年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として国際誕生した薬で既に102ヶ国以上で承認取得されています。国内でもBPH治療では20%以上のシェアがあるため既に大多数の日本人が毎日服用しています。AGA治療薬として承認を受けたのは韓国に次いで日本で2か国目です。ザカーロもアボルブもグラクソ・スミスクライン社で製造販売されています。ザカーロはアボルブと内容は全く同一であるにもかかわらず、AGA治療薬として新しく承認されたため、価格は高額となっています。そういう理由から、希望者には、当院では、ザカーロと全く同一のアボルブ(前立腺肥大治療薬)を提供しています。また、当院では、患者さまの希望もあり、ザガーロのジェネリックを海外から輸入しています。⇒:ザガーロジェネリック

2)プロペシア(1.0㎎)
有効成分はフィナステリド。5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬。AGA治療薬として世界で初めて製品化された薬で既に60ヶ国以上で承認されている世界シェアNO.1の薬剤。国内では既にファイザーからジェネリック医薬品も発売開始されています⇒:プロペシアジェネリック
ジェネリックが販売されてから、希望者が激減し、現在、当院では在庫をおいていません。院外処方の場合、価格は調剤薬局の提供価格になります。

ザガーロの第Ⅲ相臨床試験(Phase Ⅲ)データについて
1)直径 2.54 cm (1 インチ) における平均毛髪増減数
試験対象者全員の薬剤を服用する前に直径 2.54 cm に生えている直径30μm以上の非軟毛の毛髪の本数をカウントした平均数を基準値と定め、それぞれの薬剤の服用を始めてから 12 週間服用後と 24 週間服用後とで基準値から何本増減したのか本数を数え平均値を割り出した値を比較すると、フィナステリド 1 mg(プロペシア錠)よりもデュタステリド 0.5 mg(ザガーロカプセル)の方が発毛効果が 1.6 倍になります。

2)直径2.54cm (1インチ) における毛髪の太さの変化量
フィナステリド1mg(プロペシア錠)よりも毛髪の太さでは1.45倍の効果が期待できることになります。