海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)を利用することにより、デジタル証明書発行機能(PDF形式で検査証明書を作成・発行・ダウンロードする機能)について、4月8日より渡航者も利用することが可能となっておりま…

続きを読む

1)米国本土入国について(但し、ハワイ州は除く) 20201年1月26日より、米国行きフライトの出発前3日以内にウイルス検査 (核酸増幅検査または抗原検査) を受け、陰性の検査結果 (書面または電子コピー)を搭乗前に航空…

続きを読む

事前予約は事前来院がないと確定しないのでご注意ください。電話やメールにて予約は確保していません。 海外渡航先の条件によって、一般の方法では、時間が間に合わないケースが出てきています。2021年3月より、当院では発熱外来用…

続きを読む

11月25日(水曜日)にインフルエンザワクチンが再入荷されたので、ワクチン接種を再開しています。 予約は不要ですが、午前は830~1100、午後は1730~1930までにご来院ください。価格は3500円(税込み)です。

続きを読む

新しい基準が適応され次第、中国へ渡航する人は PCR検査とIgM抗体検査、どちらも陰性でなければなりません。 総費用は40,000円です。 中国希望者検査証明書をクリックすると、中国と日本の電話番号の記載があります。日本…

続きを読む

ビジネストラック、レジデンストラックの概要日本政府は新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着いた国との間でビジネス交流を再開する事業を開始しています.海外出張などの短期滞在者を対象としたビジネストラック、駐在員などの長期滞…

続きを読む

新型コロナウイルスのPCR検査の感度や特異度は十分に特定されておらず、偽陰性となる可能性が最も高い期間はよくわかっていない。しかし、下記の研究によると、罹患していても発症後1日は100%陰性になることがわかっている。少な…

続きを読む