本来、会社が行う健康診断(雇入れ健診及び一般健診)は労働安全衛生法に基づくもので、労働者を守るためのものです。そのため、既往歴や健康診断の結果により、就労制限をしなければいけない時があります。
しかし、勤務する前に、よく会社が要請する健康診断は法律に則っているものではないので、就労の制約を記載すべきではありません。会社が就労制限が診断された内定者をそのまま雇用するでしょうか?記載を希望する場合、会社とよく相談してください。