肥満治療薬、サノレックスの処方については、アンフェタミンの構造に類似するという理由で様々な制限があります。依存性があることから、米国及びEU諸国では禁止薬物になっています。

健康保険扱いとなるのが、BMI35以上の高度肥満患者のみが対象となる上、最長3ヶ月しか処方できないことです。
また、添付文書には記載されていませんが、メーカー側に確認したところ、複数回の投与は望ましくないとされています。
理由は、臨床治験において、複数回投与の経験がないことと、依存性が心配されるためです。