日本国内で初めて、肥満治療薬コントレイブを処方したのが当院(医療法人大植医院)です。ゼニカル以上に、コントレイブの処方は増えています。サノレックスと比べ、依存性耐性が少なく長期内服できるのが利点です。