前投稿の名鉄病院予防接種センターの宮津光伸センター長の報告結果を参考に算定すると、麻疹風疹混合(MR)ワクチンの陰性率を発表しています。

麻疹抗体価陰性率は16.9% 風疹抗体価陰性率は7.3%ですから、2回接種後を同率で乗すると、麻疹抗体価陰性率は2.8%、風疹抗体価陰性率は0.5%になります。厚生労働省の本来の目標や海外標準に達するためには、麻疹に関する限り、 MRワクチンを3回接種する必要が出てきます。