インフルエンザ定点あたり患者が1.21と、1.0を越え、大阪府は流行期に入りました。泉州地区は未だ、0.70と流行期には入っていませんが、時間の問題でしょう。

大阪市南部は0.96ですが、大阪市、堺市、河内地区が流行期に入ったと思われます。

検出されたウィルス型はほとんどがAH1pdm09なので、今年のワクチンが効果があるタイプです。