大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

ポリオの発生状況
主な流行地域はインド、ネパール、バングラデッシュ、中近東。
アフリカではナイジェリアを中心に西海岸諸国。

ポリオの予防接種をお勧めする方
日本では、定期予防接種に指定されています。
昭和50年~52年生まれの方はポリオに対する免疫(抗体)を持つ割合が、ほかの年齢層に比べて低いことがわかっておりますので、海外旅行と関係なく追加の接種を受けることをお勧めします。

赤ちゃんと接触のある方やこれから妊娠を考えている方。

ポリオの感染原因と症状
【感染】
ポリオとはポリオウイルスによって小児麻痺、脊髄性小児麻痺を起こす疾患です。ポリオに感染した人の便中にポリオウイルスが排出され、汚染された水・食物により、感染します。 特に、これまでのワクチンは経口生ワクチンであり、お子さんのオムツの交換後の手洗いが重要です。

【症状】
ウイルスに感染しても、90~95%の人は何ら症状が出ないで免疫ができます。5~10%の人は風邪の様な症状が出て、感染者の0.1~0.5%にマヒが現れます。 ウイルスが侵入する脊髄神経の位置によって、上肢や下肢に永久の麻痺が残ります。呼吸困難により死亡することがあります。

ポリオワクチンの接種回数
国際基準の接種方法は、乳児期の基礎接種を完了してる場合、成人してから1回の追加接種を推奨しています。

2012年9月以前の日本の定期接種では生ポリオワクチン(OPV)を2回接種していましたが、9月以降は不活化ワクチン(IPV)或いは4種混合という形で、4回接種になっています。但し、4歳以前に全ての接種を終了すると、4歳以降に抗体価が激減することが知られています。流行時の感染予防には不十分であり、 米国・英国・ドイツでは4回、インドは6回接種しています(少なくとも1回は4歳以降に接種)。

不活化ポリオ(IPV)ワクチン
皮下又は筋注接種。
不活化ワクチンには生きているポリオウィルスが存在しないため、麻痺(VAPP)は起きません。

小児の基礎接種が完了している方は、成人後に追加接種としてポリオの不活化ワクチンを1回接種することが常在国に赴く準備です。幼児期の経口摂取歴が不明、不完全な方は3回接種することをお勧めします。成人以降の正規の接種スケジュールは0、1M,7Mになります、