大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

狂犬病について

狂犬病の発生状況
日本、英国、スカンジナビア半島の国々などの一部の地域を除いて世界中に存在します。特にインド・ネパール・東南アジア諸国・中南米諸国・アフリカ諸国へ旅行される方。

 

WHO「狂犬病」マップ
厚生労働省「狂犬病」マップ

狂犬病ワクチン接種をお勧めする方
哺乳動物の研究・捕獲。動物と直接接触する機会が多くなる長期滞在予定の方。
都市部から遠く離れ、緊急対応ができない地方部に滞在する方。

感染した哺乳動物の唾液や分泌物の中に狂犬病ウイルスはいます(bite or scratch)。
海外では繋がれていない犬や猫にご注意下さい。
奥地、秘境、洞窟探検などの冒険旅行が目的の方は接種をお勧めします。

狂犬病の感染原因と症状
【感染】
感染した動物に咬まれることで感染します。唾液のついた爪で引っ掻かれても感染の危険があります。狂犬病を発症すると現在の医学では治療法がなく、ほぼ100%が死亡する怖い病気です。

【症状】
狂犬病のウイルスに感染した犬、猫、キツネ、アライグマ、コウモリ、スカンクなどの哺乳類動物に接触することで感染します。アメリカ - アライグマ・コウモリ、ヨーロッパ - キツネ、アフリカ - ジャッカルやマングースが有名。潜伏期間は通常20~60日程度です。発病するかどうかは咬まれた傷口の位置、大きさやウイルスの量で大きく変わります。主な症状は、発熱、頭痛、全身の倦怠感、嘔吐、噛まれた傷口が傷む、液体を飲むと痙攣を起こす、落ち着きのなさ、興奮しやすい、筋肉の痙攣など。狂犬病にかかった犬の症状は、一般的に狂躁時と麻痺時に分けられますので、おとなしいからといって安全とは限りません。

狂犬病ワクチン
【国内産 狂犬病ワクチン】
3回接種
接種方法 : 初回、4週間(28日)後、6~12ヶ月後
抗体持続期間(3回接種後) :2年間(?)、3回接種後、4か月で20%、8か月くらいで、半分の人は抗体が無い状態になっています。最終接種後40か月で有効抗体保有者は0%となってしまいます。

【輸入 狂犬病ワクチン Verorab/Rabipur】
3回接種
接種方法 : 初回、7日後、21~28日(3~4週間)後
抗体持続期間(3回接種後) :2年間
*対象年齢:生後6カ月以上
*長期の免疫維持を必要とする方は、基礎接種の3回接種後、1年後に1回追加接種を
すると5年間の免疫維持。(ハイリスク者は2年毎の追加接種又は抗体検査)
*但し、安価なRabipurはゼラチンアレルギー及び卵白アレルギーの方は接種できません。
4回目の接種を1年後に接種した場合の抗体価持続期間は添付文書では5年ですが、Alain Stradyらの報告では10年を経ても十分な抗体価が維持できています。


曝露後発病予防について

  1. エッセン方式(WHOが勧告):0日、3日、7日、14日、28日、そして必要があれば90日
  2. 国内標準法:0日、3日、7日、14日、30日、90日

曝露後発病予防についてですが、国産狂犬病ワクチン接種でないと、健康保険扱いになりません。但し、国産ワクチンの生産量は極めて少なく、海外での日本人の狂犬病発生が報告されると、接種希望者が増え、手に入らない事態が毎年のように起こっています。その場合、海外からの輸入ワクチンを接種せざるを得ません。高山らが、「海外で狂犬病ワクチンを接種し、帰国後国産ワクチンを接種した場合と全て国産ワクチンを接種した場合には、幾何抗体価に有意な差はなかった。」と報告しています(感染症学雑誌2002;76 : 882-887)。