大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

A型肝炎の発生状況
中国、インド、東南アジア諸国、中東諸国、南アフリカ諸国、南米諸国、カリブ海諸国
(いわゆる日本を含めた先進国以外の全世界)

WHO「A型肝炎」マップ

【感染】
A型肝炎は、A型肝炎ウイルス(HAV)によって引き起こされるウイルス感染症です。
A型肝炎ウイルスは経口感染(飲食物を摂取することで感染)しますので、汚染された水や氷、甲殻類、汚染された水で洗われた果物や野菜(サラダ)を生で食べないように注意する必要があります。A型肝炎ウイルスは85度で2分間加熱すると死滅します。

【症状】
A型肝炎ウイルスの潜伏期間は平均28日(15-50日)です。感染すると倦怠感が強くなり、黄疸(皮膚や目の黄染)、発熱、不快感、食欲不振、強い腹痛や下痢をもよおし、重症になると1~2ヶ月以上の入院が必要になる場合もあります。幼児(6歳以下)では70%が無症状。一般的に死亡率は0.8%と低いですが、50歳以上では死亡率は1.8%と高くなる。


A型肝炎ワクチン
【国内産 A型ワクチン:エイムゲン】
3回接種
接種方法 : 初回、2~4週間後、6~24ヶ月後
抗体持続期間(3回接種後):初回接種で6カ月、2回接種で2年間、3回接種で5年以上
下記の輸入A型肝炎のワクチンの項目を見てもらうとわかりやすいですが、抗体価の持続時間が短いので、トラベル外来としては、輸入ワクチンを勧めています。


【輸入 A型肝炎ワクチン Havrix】
1回接種で約14日後に抗体がつきます。
抗体は約1年間持続、6~12ヶ月後に追加接種をすると抗体は約15年以上持続
2回接種
接種方法 : 初回、6~12ヶ月後


【輸入 A型肝炎・B型肝炎混合ワクチン Twinrix】
A肝炎とB型肝炎の混合ワクチンです。
3回接種
接種方法:初回、4週間後、6ヶ月後
抗体持続期間(3回接種後):15~20年