大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

にんにく(ビタミンB1)注射

ビタミンB1は、いわゆる、にんにく注射の主成分です。ストレスにさらされる機会の多い現代人には、特に重要なビタミンです。わかりやすい病名では脚気などの治療薬です。

 長距離を走ったり、過度な運動をすると、解糖系が回転し、筋肉の細胞内でエネルギー源として糖が分解され、最終生成物質「乳酸」が蓄積します。この乳酸が増加すると、足がつったり疲労が蓄積すると考えられています。この時、ビタミンB1を一定量摂取すると、乳酸の合成を抑えたり、乳酸の分解を促すことができます。

にんにく注射が疲労に効果があるのはこういった機序によります。但し、当院のにんにく注射はビタミンB1だけでなく総合ビタミン剤を混合しています。

ビタミンB1の働きは、ご飯やパン、砂糖などの糖質を分解する酵素の活動を助け、エネルギーに変えることです。ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が悪くなり、疲れやすくなったり、手足のしびれ、むくみ、動悸などといった症状が現れます。また糖質は、脳や神経のエネルギー源でもあるため、糖質だけではなくビタミンB1も不足すると、集中力がなくなったり、イライラが起こったりします。