当初の予想では、スーパーアンチオキシダントの購入希望者が多いと思っていましたが、意外なことに、コラーゲンサポートの購入者の方が圧倒的に多いです。これは「コラーゲン」という名前の浸透が、抗加齢医学における老化の予防よりも深いということなのでしょうか?