ご存じのように、プラセンタ注射製剤にはラエンネックとメルスモンがあります。ラエンネックにはプラセンタが112 mg、メルスモンには100 mg含まれています。美容外科でラエンネックが頻用されるのは、プラセンタ含有量が多いからです。一方、メルスモンの利点はラエンネックより中性(pH6.8~7.0)に近いことと、ベンジルアルコールが含まれているため、注射時の痛みが少ないようです。