乳幼児から成人まで、咳を主症状とする呼吸器感染症の方が多数来院しています。以前にも報告しましたが、マイコプラズマ感染症の方が多いです。ただ、乳幼児にはRSウィルス感染症の方も多数含まれているようです。

ただ、開業医としてRSウィルス感染症の診断は困難です。現状では、3歳未満の入院患者しか保険適応がないからです。