インフルエンザAは徐々に減少中ですが、インフルエンザBが増加しています。近隣の小学校学級閉鎖の主原因となっています。

それ以外にも、相変わらず感染性胃腸炎(多くはウィルス性)も猛威を奮っています。