大阪府岸和田市,和泉市,貝塚市,堺市,泉佐野市,大阪市,和歌山市の肥満外来,トラベルクリニック,トラベル外来なら大植医院

お知らせ

サノレックスの処方を再開します。

日本で認可されている肥満治療薬がマジンドール(サノレックス)は、化学構造上「アンフェタミンの誘導体」に属します。アンフェタミンには身体依存の副作用があります。アンフェタミンとは「覚せい剤」の一般名です。このため、厚生労働…

続きを読む

更年期障害について

本日、メルスモン製薬の営業の方が訪問されました。 美容目的の使用を禁止することにより、納入の確約を得ました。 更年期障害による自律神経症状の緩和に対してのみ、新規患者の受け入れを開始します。

続きを読む

プラセンタ納品の現状

現在、日本で使用できる注射製剤のプラセンタには、メルスモンとラエンネックがあります。 1980年代のBSE問題以降、全て国産となっています。 年間製造量は緩やかに増加しいるものに、美容外科での使用量の急増に追いつかなくな…

続きを読む

現在、水いぼ治療を行っていません。

以前は、当院でも硝酸銀ペースト法にて水いぼ焼却治療を行っていましたが、下記の理由で中止しています。 旧厚生省の課長通達でも、水いぼ治療は不要との見解が出されています。 平成11年4月に改定された学校保健法の「学校において…

続きを読む

新しい肥満治療法

現在、日本で保険承認されているのは、サノレックス(一般名マジンドール)だけです。健康保険適応の条件はBMI35以上です。 その上、投与期間は3ヶ月までです。 また、注意点もあります。サノレックスの化学構造がアンフェタミン…

続きを読む